髪を太くする食事

髪を太くするには食事が大切

 

健康的で美しい髪は艶があり、コシも感じられます。こうした健康的な髪にはシャンプーやコンディショナー、トリートメントも大切ですが、痩せた髪を太く丈夫にするには食べ物が大切です。

 

髪が痩せて弱々しくなっている人は、髪を太くするための食べ物を意識して摂るようにしましょう。

 

髪と頭皮を丈夫にする食べ物をで丈夫な髪を作るには、まず髪と頭皮を元気にする食べ物に重点を置くことが必要です。健康で丈夫な美しい髪は食事から作られます、頭皮が健康的になれる食べ物を食べるようにしましょう。

 

髪を太くする食べ物は、肌を健全にする食べ物です。頭皮も体の皮膚も同じですから、肌を健全にする食べ物が髪を元気にする食べ物です。

 

頭皮を健全にする栄養素

 

頭皮を健全にする栄養素は、

 

たんぱく質(アミノ酸)

 

ミネラル(亜鉛、カルシウム、セレニウム、鉄分など)

 

ビタミン類(ビタミンA ビタミンB群 ビタミンC ビタミンE)

 

などです。

 

髪を太く丈夫にするには、たんぱく質が豊富な食べ物を摂取しましょう。アミノ酸によって作られているたんぱく質が足りないと髪が痩せてしまう原因になることもありますから、まずはたんぱく質が含まれている食べ物を摂るように心がけましょう。 おすすめは植物から作られる大豆製品(豆腐や豆乳など)です。

 

たんぱく質が多く含まれている食べ物は肉や卵などですが、食べ過ぎるとコレステロールが溜まったり、カロリーオーバーが心配です。ですから植物性のたんぱく質でもある豆腐や豆乳などの大豆製品がおすすめです。大豆製品には種類も多いので、ヘルシーで最適です。

 

次に大切なのが、現代人に不足しがちなミネラルです。亜鉛やカルシウムなど、しっかりと日頃から意識して摂取するようにしていきましょう。

 

髪の毛を太くする為の食べ物

 

髪の毛を太くする為の食べ物を紹介します。

 

●動物性タンパク質を含む食品

 

卵・青魚・鶏肉・牛肉・ハム・豚肉などです。動物性たんぱく質は、身近な食品です。

 

たまごはタンパク質を豊富に含み、亜鉛、セレニウム、鉄などのミネラルも多く含まれていますので、髪によい食べ物です。ですが、コレステロールが心配な方は、1日1個程度が良いでしょう。

 

マグロ、サンマ、カツオ、サバなどの青魚には、オメガ3脂肪酸が多く含まれています。また、ミネラルも多く含まれていますので、髪の毛の栄養を補う事ができます。

 

 

●植物性タンパク質を含む食品

 

豆類(納豆、ピーナッツ・ごま・アーモンドなど)には、植物性のタンパク質が豊富に含まれています。

 

●亜鉛を含む食品

 

ミネラルの一種である亜鉛は、髪の毛の主成分の「ケラチン」というタンパク質を体内で合成するために欠かせない栄養素です。

 

タンパク質を摂ったとしても亜鉛が不足すると、髪の細毛や抜け毛、白髪など、髪の老化に関わるといわれています。髪の毛の成長に必要な栄養素です。

 

亜鉛が豊富に含まれている食べ物は、肉類、レバー、牡蠣、魚介類、アーモンド、クルミ、チーズ、うなぎ などです。意識して摂るようにしましょう。

 

●ミネラルを含む食品

 

海藻は昔から髪に良いといわれている食品です。海藻にはミネラルが豊富ですからオススメです。

 

ヨーグルトにはカルシウムが含まれています。

 

トマトにはアンチエイジング効果のリコピンが豊富です。

 

まとめ

 

太くて健康な髪は、健康な頭皮から育ちます。 髪は栄養が届きにくい部分ですから、バランスの悪い食生活は、髪へダメージになります。

 

青魚や豆類には、髪の毛に必要な栄養素が豊富ですから、食事に積極的に取り入れることで、髪の毛にも栄養届くでしょう。 料理をする時間が取れない人も、 豆乳や納豆、卵など食事に取り入れやすい食材を加える工夫をして、継続的に食べる習慣をつけるように心がけましょう。

 

 

トップへ戻る